スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スクープ最前線】中国、死刑囚の「決死隊」で尖閣上陸を強行か 悪辣な強奪計画が急浮上 ~信憑性の高さにおいらも驚愕w~

あなたが今から、プロのライターになる方法 ~ド素人でも大丈夫!書いて稼ぐための入門書~あなたが今から、プロのライターになる方法 ~ド素人でも大丈夫!書いて稼ぐための入門書~
(2011/01/04)
臼井 隆宏

商品詳細を見る

【スクープ最前線】中国、死刑囚の「決死隊」で尖閣上陸を強行か 悪辣な強奪計画が急浮上

中国が、沖縄県・尖閣諸島への上陸に向けて、とんでもない作戦を練っていた。武装した死刑囚が漁船を奪って東シナ海に逃亡したという設定で、それを追跡する中国監視船ととともに、強引に尖閣上陸を果たすというものだ。海上保安庁との銃撃戦も想定しているという。安倍晋三首相とオバマ米大統領を出し抜く、習近平国家主席率いる中国の狡猾な策謀を、ジャーナリストの加賀孝英氏が暴いた。

ZAKZAK 2013.06.19
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130619/plt1306190710001-n1.htm


ふむ。これが本当なら海保は対処出来ないだろうねえ…。本当ならねw 本当なのかどうなのか探る手立てとして、このスクープを提供したジャーナリストが、過去にどんな記事を書いてきたのか読んでみるというのもいいかもしれない。

■「週刊文春 1997年11月6日号」 掲載記事に対する社民党の公式見解

kag1.jpg
kag2.jpg

http://www5.sdp.or.jp/central/timebeing/timebeing97/bunsyun1030.html


じつは名指しされている重村智計さんも被害者だったんだよね…。

kag3.jpg
kag4.jpg
kag5.jpg

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1296994127/


たしかこの件は詫びを入れて許して貰ったように記憶してますが…w 最近ではこの記事が物議をかもしたよねえ…。

kag6.jpg


尾崎豊の遺書とされる物を公開した件です。これについては尾崎豊の公式サイトを運営していた人物がブログで切り捨ててますw

「尾崎豊の遺書」は偽物としか思えない。

11月9日(水)、ネットのニュースサイトでガンガン流れてきた「尾崎豊の遺書」のニュースに驚いた。
コンビニに行ってスポーツ新聞を見ると、でかでかと尾崎の記事。

僕は10年前に尾崎豊公式サイトを運営していた。
その頃はまだ、いわゆる「尾崎裁判」が終わっていなくて、裁判の全記録を詳細にチェックした。
その後、2002年に最高裁上告棄却により結審してからも、周辺事情などを補足して調べた。

これを発表した、ジャーナリストの加賀孝英は一貫して尾崎豊未亡人側の提灯記事ばっかり書いていた人物だ。

music on me 公開日: 2011年11月14日 | 投稿者: kudogo
http://musicon.me/blog/archives/4212


えーと。。どうやら信憑性の高い記事を書くことで有名な方だったようで(爆)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

相州素浪人 

Author:相州素浪人 
記事についてのお問い合わせや質問等はツイッターにてお受けいたします。DMにてご連絡下さい。

https://twitter.com/surounin7777

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
人気記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
楽天おすすめ
電力使用状況&電気予報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。