スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■都知事選 週刊現代「小泉進次郎 脱原発新党党首へ」 日刊ゲンダイ「小泉進次郎 副知事就任へ」 現代 VS ゲンダイ 正しいのはどっちだ?w

週刊現代 2014年 2/15号 [雑誌]週刊現代 2014年 2/15号 [雑誌]
(2014/02/03)
不明

商品詳細を見る

都知事選前に“元首相連合が「脱原発新党」を進次郎党首で立ち上げ”の情報

2月3日発売の「週刊現代」は、元首相連合が都知事選での大逆転勝利はもちろんだが、これから予定されているありとあらゆる知事選や地方選で脱原発候補を擁立し当選させ、暴走する安倍政権を地方から打倒するために、小泉進次郎氏を党首とする「脱原発新党」を2月8日までに立ち上げるという情報を、元首相陣営の選対幹部の話しとして報じた。

同誌によれば、政治ジャーナリストの後藤謙次氏も「元首相たちにとって都知事選は終点ではない。あくまで脱原発への最初のアクションにすぎない。このスケールの大きな政治運動を2015年春の統一地方選挙、2016年の衆参ダブル選挙まで連ねて行こうと考えている。その時までに安倍政権を上回る民意を味方につけられれば自分たちの勝利だと思っているのではないか」と分析しており、その意味でも「脱原発新党」の情報は、あながち眉唾物とも思えない。

イロリオ 2014年02月03日 20時20分
http://irorio.jp/kawasemi_tubasa/20140203/108906/


脱原発新党ねえ…。たしか昨年も囁かれてたけど、当の小泉純一郎自身が否定したんだよなあ。都知事選対策で持ち出すとは思えないんだが。ただ、一部ネット上では自民党の脱原発派の急先鋒である、あの方のツイートと絡めて煽っているようですが。

kntr1.jpg


まあ週刊現代の記事が事実なら絶句もするだろうけどね。もっとも河野太郎はこのツイート後、普段通りのツイートに戻ってるんで、事実を確認したらガセだったということかもしれない。そういえば日刊ゲンダイではこんな記事が上がってたよなあ。

細川陣営逆転の秘策は小泉進次郎「副知事指名」

街頭演説に毎回1000人の聴衆が集まっているのに、なぜか世論調査では苦戦している細川陣営。逆転のためのウルトラCが浮上している。なんと、小泉進次郎を「副知事」に指名するプランだという。

「もともと権力欲の薄い細川元首相は、長く都知事に居座る気はない。最初から捨て石になる覚悟で“原発ゼロ”を掲げて出馬している。都知事に当選しても1期4年務めたら潔く引退し、その後を進次郎に禅譲するつもりだといいます。細川さん本人は、このプランを早い段階から温めている。進次郎に経験を積ませるために、まず副知事に指名する予定だといいます。もし、進次郎がその気になり、知事選に“参戦”すれば選挙情勢は大きく変わるはずです」(政界関係者)

細川元首相は、昨年秋「週刊朝日」のインタビューでも<進次郎氏は自治体の長を経験したほうがいい>と語っている。

日刊ゲンダイ 2014年1月31日
http://gendai.net/articles/view/news/147641


こっちでは副知事なんだそうで。週刊現代と日刊ゲンダイ。どっちが正しいのかそれともどっちも間違ってるのか。いずれにせよ細川・小泉連合は、息子の小泉進次郎まで駆り出さないと、二進も三進も行かなくなってるのかも知れんね(爆)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

相州素浪人 

Author:相州素浪人 
記事についてのお問い合わせや質問等はツイッターにてお受けいたします。DMにてご連絡下さい。

https://twitter.com/surounin7777

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
人気記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
楽天おすすめ
電力使用状況&電気予報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。