スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】北星学園大の業務を妨害容疑、弁護士が地検に告発 ~弁護士がスラップ訴訟か?w~


歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
(2014/10/17)
産経新聞社

商品詳細を見る

北星学園大の業務を妨害容疑、弁護士が地検に告発

慰安婦問題の記事を書いた元朝日新聞記者の植村隆氏(56)が勤める北星学園大(札幌市厚別区)に電話し、虚偽の内容を話して録音、動画投稿サイトで公開したとして、札幌の弁護士らが26日、氏名不詳の電話主に業務妨害の疑いがあるとする告発状を札幌地検に提出した。弁護士らの呼びかけに賛同した352人が告発人となり、弁護士438人が代理人を務める。

告発状によると、電話主は8月と10月、同大に電話し、職員に「北星学園大学はね、国賊大学いうことなるんですよ」「犯罪者をね、採用するなんてふざけたことをしなさんな」などと事実に反する内容を話して録音したうえ、動画投稿サイトに投稿し、同大の業務を妨害したとされる。

朝日新聞 2014年12月27日00時44分
http://www.asahi.com/articles/ASGDV54Y6GDVIIPE017.html


赤い大地に赤い弁護士大集合ってか。これ、当事者である北星学園大からの被害届がなけりゃ、成立しないんじゃないのかねえ?つか、そもそも論としてこの内容では、威力業務妨害罪に抵触するとは思えんのだが。だって電話したの2回だけだよ?

■強制連行をねつ造の植村隆が非常勤講師 北星学園大学に電凸



■植村隆の非常勤講師を継続 北星学園大学に2回目の電凸


このおっさん、あちこちに電凸することで有名な人です。おいら、あんまり好きじゃないんだけどね。でも、この内容で検察が受理したら問題だと思うよ。たった2回、数分から十数分電話しただけなんですから。つか、もしかして訴訟を起こす振りですか?スラップ訴訟を弁護士がやっていいのかよw

スラップ

スラップ(英: SLAPP、strategic lawsuit against public participation、威圧訴訟、恫喝訴訟。直訳では「対公共関係戦略的法務」)は、訴訟の形態の一つ。大企業や政府などの優越者が、公の場での発言や政府・自治体などの対応を求めて行動を起こした権力を持たない比較弱者や個人に対して、恫喝・発言封じなどの威圧的、恫喝的あるいは報復的な目的で起こす訴訟である。

経済的に力のある団体が原告となり、対抗勢力を被告として恫喝的に行うことが多い。被告となった反対勢力は、法廷準備費用・時間的拘束等の負担を強いられるため、仮に原告が敗訴しても、主目的となるいやがらせは達成されることになる。そのため、原告よりも経済的に力の劣る個人が標的にされやすい。表現の自由を揺るがす行為として欧米を中心に問題化しており、スラップを禁じる法律を制定した自治体もある(カリフォルニア州。「反SLAPP法」に基づき、被告側が提訴をスラップであると反論して認められれば公訴は棄却され、訴訟費用の負担義務は原告側に課される[1])。

日本でも近年企業と個人ジャーナリストの間でこの形態の訴訟が見られ、この概念を浸透させる動きが見られているが、日本の用語としては定着していない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97


爆!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 憂国ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

相州素浪人 

Author:相州素浪人 
記事についてのお問い合わせや質問等はツイッターにてお受けいたします。DMにてご連絡下さい。

https://twitter.com/surounin7777

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
人気記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
楽天おすすめ
電力使用状況&電気予報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。