スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下忠洋金融・郵政民営化担当相(73)自殺 ~原因は女性問題?それとも…~

ゴーマニズム宣言スペシャル 反TPP論ゴーマニズム宣言スペシャル 反TPP論
(2012/02/24)
小林 よしのり

商品詳細を見る

大臣自殺 小


テレビで第一報が流れた時には、Twitterや2ちゃんでは騒然としたんだが…。すぐに続報が伝えられ、それによると週刊誌に女性問題のスキャンダルが掲載される寸前だったらしい。こちらなんだが…。

現職大臣の死 今週発売週刊誌で女性問題報道も

民主党代表選が10日、告示され、自民党総裁選もせまり政局が混迷を深めるなか、国民新党の松下忠洋金融・郵政民営化担当相(73)の自殺の報が駆け巡った。郵政民営化法案に反対した熱血漢の一面もあった松下氏。今週発売の週刊誌に約20年交際していたとされる女性の記事が掲載される予定だったという。現職大臣の突然の死と関係はあるのか。各方面に動揺が走った。

松下氏は旧建設省出身。自民党時代は農水族議員として温厚な人柄で知られたが、コメの輸入自由化や郵政民営化法案に反対する熱血漢の一面もあった。

一方、女性の問題について報じる予定の週刊誌は12日発売号の「週刊新潮」。記事では、約20年間交際していた女性の存在を指摘する予定で、最近、松下氏と女性の間で別れ話が持ち上がり、こじれていたという。同誌編集部は「亡くなられたと聞いて驚いています。お悔やみ申し上げます」とコメントした。

MSN産経ニュース 2012.9.10 21:57
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120910/crm12091021590020-n1.htm


ただ…。女性問題とは言っても相手の女性も70代という話もあるんで、今さらそんな事で命を断つとは誰も思っていないわけで…。国民新党の大臣なんで、やっぱりこの件絡みなんじゃないかという気もしますが…。

参加条件で郵政重視 [ルース米大使]TPPをめぐって圧力

改正郵政民営化法が成立したが、TPP(環太平洋経済連携協定)にからんで米国の圧力が強まっている。ルース駐日米国大使は六月二十五日、金融庁に松下忠洋郵政民営化・金融担当大臣を訪問、かんぽ生命のがん保険参入などを念頭に「対等な競争条件を」と改めて申し入れた。

金融庁を訪れたのはルース大使、カプロス財務官、スタンレー経済部部長。ルース大使は「日本がTPP交渉に参加することは重要。もう時間はほとんどないが、(米国の)考えを伝えたい」と郵政について言及した。

松下大臣は環太平洋における日米の経済連携は重視しているとしつつ、「(米国主張の)中身は十分に理解している。主張は受け止めたが、受け止めたというのは了解ではなく、(言っていることは)承った」と応じた。

通信文化新報 2012年7月9日号
http://www.tsushin-bunka.co.jp/?p=2572


アメリカン・ジャイアン様の圧力で自殺にまで追い込まれたんでしょうか…。

友愛


「うわぁぁぁ」じゃねえよ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

相州素浪人 

Author:相州素浪人 
記事についてのお問い合わせや質問等はツイッターにてお受けいたします。DMにてご連絡下さい。

https://twitter.com/surounin7777

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
人気記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
楽天おすすめ
電力使用状況&電気予報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。